ブログのプロフィールコンテンツの書き方はこれ!物語でファンを獲得せよ!

23日目。プロフィールコンテンツとは

プロフィールコンテンツ

  • 1サイトに1記事以上プロフィールコンテンツを作る
  • サイドバーの上部など、目立つ位置に配置
  • サイトの管理人の自己紹介記事

プロフィールコンテンツの役割

  • 3つのノット→読まない、信じない、行動しない
  • まずは読ませるのが目標。いきなり買わせようとしない
  • 役に立つサイトは読まれない。娯楽性が命
  • 娯楽とは→面白いもの→人が面白いと感じるのはストーリー(サイト運営者のプロフィールをストーリー形式で)
  • サイト運営者と言う人に興味を持ってもらえる

自己紹介をする

自己紹介すると→何度も見てもらえる。覚えてもらえる

アフィリエイトしようとしても、いきなり買わせようとしてもムダ。

まずは知ってもらって、アピールしていく。いきなり行動させようとしてもムダ。

まずは、注目してもらう。恋愛と一緒。ものを売る前段階としてこっちに振り向いてもらう。興味を持ってもらって、この人面白そうだな。と思ってもらう。感情を動かすのが大事。サイトを読んでったら気づいてたら買っちゃった。感動させる、気持ちが揺り動かせる。つまらない自己紹介→興味を持ってもらえない。サイトの主人公(私・管理人・キャラ・過去)ダイエット→過去編(ストーリーの型)

プロフィールコンテンツの書き方

  • 神話の法則(ストーリー)にもとづいて書く
  • 扇動も入れられると良いが難しければまずは神話の法則のみでOK
  • 神話の法則復習
  • 旧世界→アイテム(きっかけ・何によって変わったのか)→新世界(変化のストーリー)
  • 例えば、太っていて恋人いない(旧世界)→サプリを手にした(アイテム)→痩せてモテモテに!(新世界)
  • 負のベネフィット・ベネフィットまで必ず落とし込むこと(太った→痩せただけでは不十分)

自分でなくてもいい。まだ達成途中でもいい。

外注さんを、架空のキャラにしたててプロフィールにしてもいい。自分のストーリーだけでなくてもいい。でも、自分の方が言葉がなまなましくなる。自分の体験がベスト

納得感がでる。あ、実際痩せたんだ。

でも、まだダイエット中の人。(元地点までの変化でもOK)。大事なのは変化を見せること!マイナスからプラスへの変化!(高正熊雄使えるね!)

プロフィールの書き方まとめ

  • 読者はあなたに感情移入して、ドキドキワクワクする。→あなたのファンになる
  • 新世界に私もいきたい!となる。→あなたについてくる。
  • 感情をバンバンいれること!
  • 1つの事実を書いたら、1つ感情を入れる(目安)
  • 例えば「痩せたら好きな人にデートに誘われました」→事実のみで面白くない
  • 「痩せたら好きな人にすきな人にデートに誘われました。嬉しくて思わずやったー!と叫びそうになりました」→感情が入っているので共感できて面白い。

喜怒哀楽、感情に注目しながら映画を見る

くやしい。くるしんだ。ないた。葛藤した。笑った。などの感情を入れる。どんな感情があるのか、に注目しながら映画を見る。

プロフィール:神話の法則を使って書く!アイテムはきっかけ。

 

レビュー記事でもQ&A記事にも混ぜる。うまくかけなくても書かないよりは良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です