色彩心理学をマーケティングに活かすには?

1 色の妥当性を考える

マーケティングにおいては、色の妥当性を考えることが必要です。

多くの人は、茶色より青を好みます。

しかし、テーブルを買う場合を考えて見ましょう。

「あなたは、何色のテーブルが欲しいですか?」

この場合は、ほとんどの人が茶色を選びます。

この裏に隠された色彩心理は、テーブルの色は茶色が妥当な色だと思うからなんです。

実際、青色のテーブルとか欲しいって思わないですよね。

感情

感情を基本にして色を選ぶこと

例えば、家にペンキを塗る場合に、「部屋をどのようにしたいか」といった感情を基本にして色を選択します。

意味論的意味

2010年のKauppinen-Raisanen とLuomalaの論文において、人々に赤いパッケージの鎮痛剤の評価してもらうという方法で検証された結果に注目すると、意味論的意味に重く焦点があてられているいことがわかります。

次のようなコメントがありました。

  • 頭痛があって、痛みを和らげる時に赤色のものは欲しくない。(赤=血を連想させる)
  • 喉を通さなければいけない時に、赤は強烈すぎる。(喉に良さそうに思えない)

実際納得のいくコメントですよね。

2 美的感覚

色の意味や色によって連想されるものも重要ですが、美的感覚も重要です。

人間は、意味論的な意味や感情的な意味だけを基準に色を選択することはありません。

結局最終的には、デザインやプロダクトは視覚的に訴えるものでなければなりません。

美歴感覚を満たすデザインによって実現させられることは?

近く的な信ぴょう性を強化する

ユーザビリティ・デザインを改善する

ブランド・ロイヤリティを向上させる

注目度を高める

ブランド選びへの影響

3 価値

機能的価値と社会的価値がある

機能的価値

実用的な観点において役に立っているか?

シルバーの車:擦り傷は汚れを隠す(機能的価値が高い)

社会的価値

使用されている色は社会的な観点において役に立っているか?

流行りの色の服=流行に敏感だと思われる(社会的価値が高い)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です