コピーライティングはコミュニケーションと同じ!型を学べ!

コピーライティングと聞くと、食わず嫌いでものすごく大変だと思いがちではないだろうか。

コピーライティングは何も天才しかできないものではない。

しかし実際には1ヶ月もあればマスターできるくらいのものでしかない。

 

売れる文章はだれでも書けるようになることを肝に命じておこう。

喉から手が出るほど欲しいと思わせることができるようになる!

難しいと思って学ぶのと、簡単だと理解して学ぶのでは上達スピードが違うので気をつけよう。

コピーライティングは型を学べ!

コピーライティングには、型が存在するのである。

初心者は、まずその型をマスターするべきである。

 

初心者におすすめのコピーライティングの勉強の仕方とは以下の順番だ。

  1. 型を学ぶ
  2. 人の文章を見て添削をする(動画にとるのがとてもおすすめ)
  3. 実際に書きまくる

 

人の文章を見れば、全体像が見えてくる。

全体像が見えていて学ぶのと、目の前しか見ないで学ぶのとでは上達スピードが大きく変わる。

コピーライティングスキルとは何なのか?

コピーライティングスキルとは心理学に基づいた、コミュニケーション能力である。

コピーライティングスキルとは、伝えたいことを伝えられるようになるスキル。

コピーライティングスキルとは、感情を思った通りに操るスキルである。

 

例えば、「煽り」であせりを感じさせることができる。

そのため、コピーライティングスキルを磨けば、彼氏や彼女を作るときやだれかと仲良くなりたいときなどにも使うことができるという一石二鳥の素晴らしいスキルである。

よくモテるようになると言われている。

セールストークも上手くなるのである。

コピーライティングスキルの前提

ブログ記事の場合は、タイトルが命である。

人間はタイトルによって、見るか見ないかを決める。

まずは、読んでもらうことを目標にしよう。

 

読んでもらわなければ話にならない。

  1. not read:まず読んでもらう
  2. not believe:次に信じさせる
  3. not act:行動を起こさせる
  4. not buy:買ってもらう

 

読んだ人に商品を購入した後の素晴らしい未来をイメージをさせる必要がある。

人は客観的な情報よりも、感情的な情報を重要視する。

人は論理よりも、感情で行動を決定する。

コピーライティングの絶対原則

  1. who:誰に向けて書くのか
  2. what:何を売るのか
  3. how:どうやって売るのか

数字を使うべし。

ペルソナを設定し、リサーチをしよう(who)

たった1人の人物像(ペルソナ)を具体的に描く。

そして、その人が持っている悩みや痛みを、ググる。

Yahoo知恵袋も使える。

 

検索する際は、「○○できない」といった否定形でググればいくらでも出てくる。

価値観を刷り込む

様々な手法で価値観を刷り込ませる。

例えば「煽り」など。

煽り手法の例

 

限定性:数が限られていると急いで買わなければならない

緊急性:割引は本日で終了、など

恐怖:悪の価値観を作ること

仮想敵を作る

二項対立の構造を作る。

例えば、オンラインビジネスの商材をサラリーマンに売る場合は、会社が仮想敵になるだろう。

 

この場合、がっつりと「会社」を否定することが有効である。

注意点は、サラリーマンを否定してはならない。

主張は首尾一貫しているか

売ろうとしている商品について、しっかりと断言をすること。

「かもしれない」といった表現はダメ。

 

白黒はっきりし、その主張は首尾一貫していなければならない。

軸がぶれてはいけない。

選択肢をしっかりと絞らなければならない。

購入後・行動後の未来を見せているか

売ろうとしている商品を購入した後に待っている素晴らしい未来を具体的にイメージさせなければならない。

また、逆に行動を起こさなかった場合の悪い未来のイメージも刷り込ませる。

fabテクニック

  1. feature:商品の具体的な機能など
  2. advantage:商品のいいところ
  3. benefit:商品を購入した後に待っている素晴らしい未来

時と場合によるが、b→a→fといった順番で、書くのがいいことが多い。

相手の現状を否定する

相手の現状を否定し、こき下ろすのがいい。

例えばサラリーマンの場合は「安い給料や意味のない飲み会への参加」など。

売ろうとしているサラリーマンについて、完全否定はよくない。

 

部分的に否定をする。

この場合、「悪いのは会社。お前は悪くない!」

そしてこれらを踏まえて乗り越え、商品を購入した後の素晴らしい明るい未来を見せる。

人が感じる価値とは?

ビジネスに置いても日常生活においても「共感」することはとても大切である。

共感してくれる友達と、全く共感してくれない友達とだったら、どっちと一緒にいたいと思うだろうか。

 

人間は論理的ではなく感情的に物事を判断する生き物である。

共感を覚えるような文章を書くべきである。

 

共感に関連するキーワード

  • 葛藤を作る(ストーリー・失敗から成功へのサクセスストーリーなど)
  • 恐怖感
  • 成長
  • 欠点
  • 応援される文章

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です