人を動かすための4ステップと扇動の3原則!お客を迷わせたらお客は買わない!

10日目。扇動2:お客を迷わせたらお客は買わない

扇動の原理原則・鉄則とは?

お客を迷わせたらお客は買わない

お客に考えせてはダメ

 

教育することによって、お客を自発的に買わせるような状態にすることができる

人を動かすための4ステップ:段階がある。お客はいきなり買わない

  1. 注意(CM
  2. 誘因・引き込む(福山雅治)
  3. 理解(東芝というテレビがあることを知る)
  4. 行動・購入(いろんなテレビがある中でレグザを選択した)

コトラーの3つのバイヤス(お客さんの特徴・人間の本質的な特徴)

  1. 注意:聞きたいことしか聞かない・選択的注意(ブスと言われたら聞きたくない)
  2. 歪曲:自分の都合のいいように解釈する(あの人よりまし。顔面だとあの人より勝ってるし…
  3. 記憶:覚えたいものだけ覚えている(思い出補正・昔を美化する。昔はよかったね。)

 

人間の特徴

人間はいいことだけ覚えている

信じたいものだけ信じる

わかっているけど、できない・・・。

ちゃんと導いてもらえないといい選択ができない。

扇動するとは?

客がよりよい人生を歩むために、私はこれをすればいいと思うんだ!(確固たる主張を持つ)

3つのバイヤスに惑わされてふらふらしていこうとしたら(変な道にいこうとしたら)「そっちじゃないよ、こっちだよ!」と手を引っ張る

集客→教育→販売

扇動の3原則

1 明快:わかりやすい・断定する・これがいい・絶対に曖昧じゃない!

2 単純:シンプル・結論だけをビシッという。シンプルな理由に絞っていう

3 娯楽性がある:面白いものが好き・つまんない話はだめ!

やってはいけない

  1. 情報過多:1メッセージ。1つに情報に絞る。余計な話はしない。あれもこれもと話すな。
  2. 難解・難しい:
  3. 退屈:

 

大統領・リーダーのやり方:大丈夫だからついてきてくれ。おれが責任を取る!

ディズニーランド:夢と魔法の国・とても簡単・おもしろい

アウトプット!重要な思考・気づき

これは扇動のこれとこれが当てはまっているな・・・と常日頃考える、意識する

チェックリストを作ってやる

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です